【やってはいけないマインドマップの書き方とは】

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

  こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 あっという間に、六月も今日で終わり。
 夏の試験シーズンがいよいよ始まりますよね。
 
 例えば、来月早々、司法書士や2級建築士(学科)は本試験。
 来月末には、一級建築士(学科)の本試験が実施されますからね。
 そして、8月には、社労士の以下同文。
 
 
 そうした状況からして、
 前回は本試験に備えるコンディション調整の大切さをご案内しました。
 
 コンディション調整は、もうお始めになったでしょうか。
 お答えがまだならば、今週末からでも始めませんか。
 
 それをやっても、決して損はありません。
 それどころか、やれば試験本番で実力を発揮しやすいですからね。
 
 その一方、次のご案内を延期していました。
 >あるプロセスを経るとマインドマップ勉強法が効果的にできます。
 >それに関しては長くなりますので、改めてご案内しますね。
 
 ですから、今回はそのプロセスについてご案内しましょう。
 ご案内を実践されたら、きっと最後の追い込みが上手くいきますよ。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【やってはいけないマインドマップの書き方とは】
------------------------------------------------------------------------
 
 本試験に備えての追い込みも終盤。
 この時期にすべき勉強とはなんでしょうか。
 
 例えば、「厳選要点集でも読めば良いジャね」でしょうか。
 しかし、そうすることは、あまりと言うよりも決してお勧めできません。
 
 何としてでも覚えるべき要点は人それぞれ。
 克服すべき弱点ももちろん人それぞれに違います。
 それは既に過去問集の反復解答が明確に提示する通りです。
 
 ○○試験要点集はあくまでも多数に共通する一般論です。
 すでに克服した項目も含みますからそれを読むのは時間の浪費。
 
 あなたにも一部が通じるところはある一方、
 それがあなた固有の弱点を解消する保証は期待できない。
 保証がないものにたよるよりも、もっと確実にすべきことはある。
 
 そのすべきことが、
 反復解答で連続誤答した過去問対策、
 つまり連続誤答が明示するあなた固有の弱点を克服すること。
 ズバリ、繰り返し誤答した過去問を正解できる解き方を覚える勉強なのです。
 
 
 
 そうする勉強で役に立つ事の1つが、マインドマップを書く勉強。
 繰り返し誤答した過去問の解き方に限定してマインドマップを作ります。
 
 事実、マインドマップを書くには手間が必要です。
 何もかもマインドマップにすると時間や労力を浪費します。
 
 無論、受験勉強にそうする暇は決してありません。
 そうするのではなくて、繰り返し誤答、つまり弱点に限定して書くのです。
 
 ところが、そのマインドマップを書いても効果の怪しい方が散見されます。
 やってはいけないマインドマップの書き方をウッカリしてしまう。
 知らぬ間に時間や労力を浪費してしまうのです。
 
 
 
 その書き方とは、解答解説や参考書を丸写してマインドマップを書くことです。
 
 なるほど、「それで何が良くないの」と思いますよね。
 それらを読みっぱなしで終わるよりも勉強になりそうですからね。
 
 しかし、丸写しをするのが良くないのです。
 手間を割いてマインドマップを書いた効果が怪しい。
 
 マインドマップを書く目的は飽くまでも要点の記憶です。
 
 一概に記憶と言いますが、
 記憶の過程は覚える対象の入力と保持とその出力からなります。
 
 その過程のうち、
 仮に前の2つができていたとしても、
 出力つまり覚えた対象を想起できなければその過程は完了しない。
 
 記憶の過程に関して、自分が要点を想起できることの確認が必須なのです。
 その確認が弱点解消の記憶を完了させてくれます。
 結果、得点力の強化を確実にするのです。
 
 
 
 ところが、丸写しをするとそれを確認できない。
 
 つまり、要点を自分が覚えたかどうかが未確認で終わります。
 結局、自分が弱点解消できたことを確認できず時期に不安に陥ります。
 
 あなたもそうなりたくないのなら、
 解答解説や参考書の丸写しをするのではなくて、
 弱点解消のマインドマップはそれらの要点を想起しながら書くのです。
 
 要点とは、例えば、択一問題で正解に至る根拠です。
 正解するために想起すべき法令、規制値などを指します。
 あるいは、計算問題ならば、正解を導ける公式や計算手順です。
 
 
 
 大切なので繰り返して強調しますが、
 追い込み終盤にお勧めするマインドマップの書き方とは、
 あくまでも解答解説や参考書を読んだ後に要点を想起しながら書くこと。
 
 それらを読む時は、さらっと黙読だけで終わらせない。
 音読をしつつ、色ペンで要点をマークする。
 必要なら要点を簡単な図解にする。
 
 その様にして要点を確りと頭に刻み込む。
 そうすることができた事を確認する為にマインドマップを書くのです。
 
 そうする一方で、
 もしも要点を想起してマインドマップを書けないなら、
 解答解説や参考書の音読やマーキング、図解をすることに戻ります。
 
 戻った後に、また要点を想起しながらマインドマップを書く。
 その様にして追い込み終盤に要点のマインドマップは書くのです。
 
 すると、弱点解消に資する要点がより確実に頭にストックできます。
 試験本番で問題の解き方を即座に思い出せる様になれます。
 まるでカンニングしているみたいに。
 
 以上、想起のプロセスを経れば、
 マインドマップ勉強法が効果的にできます。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 試験勉強の終盤に大切な事がコンディション作り。
 その1つが、睡眠時間を確保することをお忘れでしたか。
 
 追い込み終盤ともなると、
 ついやってしまいがちなことが四当五落の勉強。
 つまり、睡眠時間を削ってまで試験勉強に打ち込むこと。
 
 
 ですが、
 それを削ると思わぬ弊害を招きます。
 その弊害が、計算力や想起力の低下なんですよ。
 睡眠不足が免疫力を低減して、癌や心臓病を引き起こすと言われます。
 
 それらが起こってしまうと、マインドマップ勉強法も徒労に終わります。
 加えて、試験本番にも多大な悪影響をもたらしてしまいます。
 不合格が懸念されるのは無論のことです。
 最悪の場合、死に至る。
 
 
 そうなることを是非とも回避するためには睡眠時間を確保する。
 
 できれば、脳の働きからして最低でも6時間は眠る。
 すると、頭の働きが確実に良くなると分かっています。
 
 記憶力つまり想起力が高まり勉強も効率的になります。
 無論、試験本番でも実力を発揮しやすいのですよ。
 
 そう、よく眠るのも試験勉強のうちなのです。
 命あっての物種ですからね。
 
 
 筆者の資格試験NLPコーチングはこちら
 http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━