試験本番のあがりも解消できる効果的なイメトレ法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 今月も各種資格の本試験が目白押し。
 例えば、月末に、社労士試験が本番です。
 もちろん、他の試験も次々と本番を向かえます。
 
 試験本番まで勉強を頑張ってきましたよね。
 合格を目指して是非とも実力を発揮して下さい。
 
 
 その一方、講座やコーチングでよく聞くお悩みがあります。
 
 「試験本番になると、あがって困る」
 「口述試験であがって、上手く答えられない」
 
 試験直前まで勉強を続けてきたのに、
 上述の様な自分になっては本当に困りますよね。
 でも、ご安心ください、効果的な解消法がありますから。
 
 今回は、上がり対策にも使えるイメトレ法をご案内しましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【試験本番のあがりも解消できる効果的なイメトレ法】
------------------------------------------------------------------------
 
 仕事のプレゼン本番であがる。
 結婚式、披露宴の友人スピーチであがる。
 そして、資格試験の口述や筆記の試験であがる。
 
 あがって、
 言葉がうわずったり出てこなくなったりする、
 あるいは手が震えて筆記が上手くできなくなってしまう。
 
 本番に備えて練習したり勉強したりしてきたのに、
 あがるのには本当に困ってしまいますよね。
 
 
 
 あがる事は一種の恐怖症、
 何かに恐ろしさを感じてしまい、
 ドキドキしたり体が震えたりする状態で、
 そのようになってしまう状況も決まりきっている。
 
 その状況になると、
 決まりきったようにあがります。
 特定の状況であがることが繰り返されます。
 
 ですから、その状況であがる人は実に悩ましい。
 あがってしまう自分をどうにかしたいはず。
 
 しかし、ご安心くださいね。
 これからその解消策をご紹介しますからね。
 
 
 
 その方策が次のイメトレです。
 
 1.自分があがってしまった過去の場面を5から10ほど思い出す。
 2.それぞれの場面で見たり聞いたりしていたことを心の画面に連続再生する
 3.心底ウンザリすると再生画面の様子が変わるのでそこで再生中止
 4.本番を落ち着いて楽しみ実力を発揮している自分を思い描く
 
 2の連続再生は、5つの場面があったらば、
 一つ目が終わったら二つ目、二つ目が終わったら三つ目、
 ・・・、五つ目が終わったら一つ目、一つ目が終わったら以下同文。
 そのように様に一つ目から五つ目までを次々とグルグル回りで再現する。
 すなわち、一つ目から五つ目までの再生を円環的に続けておこなうのです。
 
 2で嫌な感覚を覚えるので、その感覚を体全体にグルグルと回し続けます。
 同時に連続再生は多彩に明るく大画面の動画で間断なく行います。
 結果、嫌な感覚に心底ウンザリするまで続けるのです。
 
 2で心の底からウンザリすると、
 3の連続再生の画面が急に縮小したりモノクロになったり、
 あがっている自分自身の姿が見える客観的な視点からの絵に一変します。
 再生画面の変化があがった場面の連続再生を中止するタイミングです。
 
 そして、心の画面を一端真っ白にして消し去ります。
 それから、4のステップで望ましい自分を思い描くのです。
 例えば、呼吸や鼓動は静で、手や指先が思い通りに動かせて筆記できる。
 口述試験なら声が落ち着き思い通りに答えを口にできている自分の様子です。
 
 ご紹介したイメトレはたった4ステップです。
 実際にやってみると、驚きの効果を実感できるはず。
 試験も含め様々な本番で、実力を発揮できるようになれますよ。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 今回のイメトレ法は世界的な頭の使い方に基礎づいています。
 
 その使い方とは、あのNLP(神経言語プログラミング)でした。
 心理療法的な手法だけでなく、加速学習法的なそれも含んだ人間学です。
 
 今回の方法は、恐怖症が治癒した多くの人達を調べた結果に基づいています。
 それを調べた結果は、その人達が次の様にして気付いたことでした。
 「怖がる自分自身を客観視して、何て馬鹿げているのか」と。
 
 客観視、つまり視点の転換が自分自身への発見を起こしたのです。
 馬鹿げていることの継続を自分自身に止めさせたのです。
 
 
 そうしたプロセスは恐怖症の治療に限らず他の分野にも応用できます。
 
 例えば、自分を損なう悪癖や人間関係を解消できるのです。
 前者の1つが喫煙や飲酒、後者の1つが良くない恋愛関係です。
 
 無論、前者も後者も試験勉強を多いに妨げます。
 合格を目指す為に速やかに解消するに越したことはない。
 受験生にとって最大の味方である健康や時間をうばいますからね。
 
 資格試験NLPコーチングとして上記のような支援も行っています。
 
 
 筆者の資格試験NLPコーチングはこちら
 http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━