勉強を始めていない方は是非あれをご確認ください

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 彼岸が明けたと思ったら、明日で9月も終わり。
 ところによっては、冬日や初冠雪が到来したとのこと。
 
 月日が経つその速さは、将に光陰矢のごとしと言えそうです。
 すなわち、その速さで次の本試験が迫ることと同義ではないでしょうか。
 この様な状況下、試験勉強の調子はいかがでしょうか。
 
 
 なるほど、「先月末から、勉強をもう始めていて絶好調」なら言うことなし。
 ですが、「勉強を始めなければいけないのに、まだなの」なら要注意では。
 
 勉強の開始を先延ばししても、本試験の日程は絶対先に動きません。
 つまり、合格を目指すのに何ら資することがないのです。
 日毎に自分で合格の夢を自分から遠ざけている。
 
 その一方、「分かちゃいるけど勉強を始められない」も人情でしょう。
 それも人情でしょうが、本試験は待ったなしも無論のことでした。
 
 やれやれ、仮にその状態にハマっていたら実に困ったことです。
 では、何をどうすれば今すぐに勉強を始められるのか。
 それについて今回はご案内しましょう。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【勉強を始めていない方は是非あれをご確認ください】
------------------------------------------------------------------------
 
 次の試験で合格を目指したい。
 今すぐにでも勉強を始めなければならない。
 「それは分かちゃいるけど、勉強を始められない」
 
 そうなる訳は次のように様々でしょう。
 「サービス残業が続いていて勉強時間がとれない」
 「飲み会やイベントの誘いが続いて勉強する暇がない」
 「勉強机に向かうけれど、SNSやスマホについハマるの」
 
 とは言え、それらのことは、実のところが表層的な原因かも知れません。
 サービス残業が続いていても、工夫次第で通勤時間に勉強はできます。
 飲み会やイベントの誘いを断れば、無論、勉強する暇は作れます。
 本気で勉強机に向かえば、SNSやスマホにハマらずに済む。
 そのことをしないことから、深層的な訳が透けて見えます。
 
 
 
 大きな深層的な訳の1つが試験に失敗した過去の記憶です。
 そうした過去の記憶が、あなたを勉強することから遠ざける。
 つまり、本気で勉強に取り組まないように言い訳を作るのです。
 
 仮にそうだったらば、
 やれやれどう考えたら良いのでしょうか。
 
 確かに、記憶が幻の同義語であっても、人は記憶によって生きるものです。
 試験に失敗した記憶は、試験に合格すれば笑い話の中で幻と化します。
 実際、まだ合格していない現在、人を試験勉強から遠ざけもします。
 
 
 
 しかし、その考えに対して次の言葉を対置することもできます。
 米国版「ゴースト・イン・ザ・シェル」甲殻機動隊から引用します。
 
 We cling to memories as if they define us,
 but they really don't.
 What we do is what defines us.
 
 その言葉は直訳するとこうなります。
 
 まるでそれらが私たちを定めるかのように私たち(人)は記憶にしがみつく、
 しかし記憶は本当に人を定めない。
 私たちがすることが私たちを決めるのだ。
 
 加えて、過去の記憶はその記憶そのものとして存在しません。
 あくまでも、過去の記憶として、現在この場で、想起しているものです。
 
 想起とは、固定化された情報を引っ張り出すのではない。
 そうではなくて、脳内に断片的に残った情報を再構成した効果。
 つまり、影も形もない幻想であり、単なる脳内現象の1つなのです。
 
 仮に失敗した記憶ならば、失敗つまり痛い記憶だと、いま創りだしている。
 過去の記憶があるのではなくて、今そう感じる幻想を勝手に抱いているのです。
 
 
 
 以上から、ここに2つの選択が生じます。
 痛みを感じる幻つまり失敗の記憶にしがみ続けるか。
 私たちがすることが好ましく私たちを決めるようにするか。
 
 その選択はすなわちこうです。
 失敗した過去の幻、記憶に捕らわれて勉強から逃げ続けるか。
 今から勉強をすることで合格目指せる自分を決めるようにするか。
 
 無論、どちらの選択が好ましいかは既にご賢察の通りでしょう。
 さあ、あなたも、今から勉強をすることで合格目指せる自分を決めませんか。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 本文では、合格を目指せる選択をご提示しましたね。
 とは言え、それでも勉強がはじめられないのも事実でしょうか。
 
 その事実から、不合格のデメリットや合格のメリットをマインドマップにする。
 加えて、合格を目指す更に大きな目的もマインドマップにするのでした。
 共著「マインドマップ資格試験勉強法」36~47項をご参照。
 マインドマップが書けなくても普通の箇条書きでも大丈夫。
 
 不快を避けて快感を求めるよう知らぬ間に脳が働きます。
 大きな目的を果たしたい人間性が発言します。
 試験勉強に強い動機付けを持てるのです。
 
 以上から、
 単なる精神論でなくて脳科学論として、
 好ましい選択を無理なく自分にさせることが叶います。
 
 
 なるほど、「でも、ヤッパ、今すぐに勉強をするのって無理」でしょうか。
 
 はい、不合格を続けていた頃、同じでしたから気持ちは良く分かります。
 失敗の記憶、つまり幻に浸ることはそれなりに快感ですからね。
 
 その快感に浸ることで、勉強時間を費やせます。
 結果、自分を追い込んで一過性のやる気を出せもします。
 もちろん、その結果は、不合格を続けることになったのです。
 
 仮にそうであっても、打つ手はまだまだあるのをご存じですか。
 NLP(天才的な脳の使い方)は強力にモチベーションを起動します。
 だから、資格試験の受験生にもNLPコーチングをご提供しているですよ。
 
 
 筆者の資格試験NLPコーチングはこちら
 http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━