本試験まで試験勉強を楽に続けられるある方法とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 今夜、オリオン座流星群が見られます。
 もちろん、夜も晴天であればの条件付きです。
 
 その一方、秋雨の雲が多くに地域を被っています。
 ですから、流星を直接に見ることは叶わないかも知れません。
 
 とは言え、心の夜空なら、何時でも晴天にできます。
 星空を思い浮かべて見事な流星群を想像してみませんか。
 勉強の息抜きに、心の流れ星に合格の願いをするのも一興ですよ。
 
 
 前回、受験必読書の読解法についてご案内しました。
 そのコツは、要するに地道にコツコツでした。
 「急がば回れ」で用語や言葉まで個々に調べる。
 
 もちろん、そうすることは合格を目指すことを力強く支えます。
 しかし、辛抱強くやる気を持ち続けることを要します。
 ですから、講座やコーチングで次の様なお悩みを頻繁に拝聴します。
 
 「地道なやる気が続かない」
 「やる気にむらがあって必読書を読み続けられない」
 「辞書や用語集を調べている間にやる気が失せて勉強が嫌になる」
 
 
 その一方、合格を目指すには長期に亘って勉強のやる気を要します。
 やれやれ、先のお悩みはご本人にとって実に困ったことです。
 
 まったくもって、どうしたら良いのでしょうか。
 本試験まで地道にコツコツ勉強ができないのは実に困ったこと。
 
 今回は、長期間に亘って試験勉強を続けられる方法をご案内しますね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【本試験まで試験勉強を楽に続けられるある方法とは】
------------------------------------------------------------------------
 
 試験勉強にやる気を出したい。
 合格を果たすまで勉強を地道に続けたい。
 そうした願いは、多くの受験生にとって喫緊の課題でしょう。
 
 では、何をどうしたらその課題が解消できるか。
 もちろん、決して星に願いをかけることではありません。
 そうではなくて、解消法は気分と勉強することを分けることです。
 気分、つまりやる気の有る無しと無関係に決めた時間になったら勉強する。
 
 事実、私たちはやる気がなくても、休みが終わったら職場に向かいますよね。
 それからして、実のところ、やる気と何かをすることは、分けられるはず。
 同様に、やる気がやくても、勉強時間になったら机に向かえるのです。
 気分と勉強とを無関係にして決めた時間になったら勉強するだけ。
 
 無論、そうすることは、それなりの意志の強さを要します。
 何としても合格をしたければ、できるはずです。
 
 
 
 とは言え、「正直、そうするのって辛い」のが人情でしょう。
 「やる気と勉強とを分けられたら苦労はしない」のも正直な気持ちのはず。
 
 やる気を出せなくても、
 何とかプラスの気分で勉強ができるに越したことはないですよね。
 
 たとえ少しでも興味や楽しさを覚えられれば、
 1日、数時間の試験勉強を続けるのもたやすくなります。
 その気分で勉強を始めれば、やる気が出てくるのも脳の仕組みです。
 
 ですから、即座にやる気ががせなくても、分かりたいのはこれ。
 勉強をするに際して、気分をプラスにする方法でしょう。
 
 
 
 その方法は以下の通り実に簡単です。
 最初に勉強の開始前、次のイメトレを数分間するだけです。
 
 1.心の中に楽しかったり面白かったりした体験を思い浮かべる
 2.その体験の中で、見ていたものを今見て、聞いてきたことを今聞く
 3.それらのものを見聞きしながら、感じる感覚を体全体に拡げる
 4.目元と口元に広がったプラスの感覚を表す表情をつくる
 5.4の感覚を表す体のポーズをつくる
 6.4と5をしながら更にプラスの感覚を体全体にグルグルと回す
 
 注:4から6は一人でやることなので、恥ずかしがらずにシッカリやる
   すると、後につづくことも、自動的にできてしまいます。
 
 以上でやる気が出せなくても気分は全くプラスになってしまいます。
 すると、楽な気分で勉強を始めることができるはずです。
 
 つぎに、勉強を始めて一区切り毎にこうします。
 例えば参考書を数段落読んだら、イメトレの6をします。
 あるいは、過去問を数問解いたら、イメトレの6をします。
 
 それから、
 参考書を数ページ読んだら、また先の6をします。
 過去問集を数ページ解けたら、また先の6をします。
 
 最後に、
 その繰り返しで今日の勉強が終わったら、また先の6をします。
 
 
 
 つまり、プラスの気分を細分化して出すのです。
 そうすることを、勉強の始めと、なかと、終わりとでルーチンにします。
 
 イメトレで気分良く勉強を始めて、
 勉強が一段落したら良い気分を味わって、
 勉強が終わったらまた良い気分を味わうようにする。
 
 すると、脳の仕組みからして、やる気の有無と無関係に勉強ができます。
 無論、脳は良い気分を味わうのが好きですから、やる気も出してしまいます。
 
 先の習慣すなわちイメトレのルーチンで、
 やる気の有無を悩まずに毎日の試験勉強を続けられます。
 1日や1週間の、1カ月間そして本試験まで長期の勉強を続けられます。
 
 何だか不思議なやり方だと思われますが、あなたもやってみませんか。
 先のイメトレは簡単でしかも無料ですから、やっても決して損はしませんよ。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 一昨日、銀杏の実を頂きました。
 もちろん、チーズのような香りや食感に舌鼓を打ちました。
 
 が、しかし、そうなるまでが実に大変でした。
 銀杏の実、その食する中身はあの固い殻に守られている。
 固い殻を割るのが、実に面倒でした。
 
 
 中身を取り出すのには、
 力加減を微妙に変えながらペンチで殻を挟んで皹を入れる、
 殻の皹に爪先をいれて中身が取れるようになるまで数片の殻を除く、
 中身が潰れないように、これまた力加減に気をつけながらが中身をつまみ出す。
 
 ふぅー、
 銀杏割りの工程を書いているだけで疲れます。
 当然、その工程はやっているともっと疲れました。
 一昨日は、百個以上の銀杏割りをしたので大仕事でした。
 
 
 とは言え、
 そうまでしても美味しいものを望むのが食欲。
 少しでも楽に銀杏割りができるように殻の皹入れに一考を案じました。
 
 より素早く簡単に殻に皹入れができる木工作をしたのです。
 板材と蝶番、補強金物を組み合わせて銀杏の殻割りを作りました。
 力加減を間違えて、銀杏の中身をつぶしてしまわない工夫もしました。
 
 無論、使った材料は全てホームセンターにあるものだけ。
 費用は、500円以下で済んだんですよ。
 
 
 何かで辛さや面倒さを覚えたら、
 それらを是非とも解消したいと考える。
 次々と閃きが降りて発想が広がってやる気が出る。
 
 改めて、そうした不思議な脳の働きに深い興味を覚えたのですよ。
 
 
 筆者の資格試験NLPコーチングはこちら
 http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━