試験勉強を始めさせ続けさせてくれる目的とは何か

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 時は既に年末、師走に突入。
 仕事も私事もますます忙しくなりますよね。
 師走は、忙しさがそのまま文字になったように思えませんか。
 
 職場では関係部署から忘年会の誘いが来るわ、
 各方面の友達からはパーティの連絡が来るわで、
 体が幾つあっても足りないような感じでしょうか。
 
 そう言う私も忙しさに追われて大失敗をしました。
 本誌配信の年間使用料金を支払い忘れていたのです。
 今回は遅れての配信となってしまいました。
 
 「忙しい」は心を亡くすと書きますが、
 忙しくても大切な事に心を配っていたい。
 無論、心配するだけでなく行いが大事ですね。
 
 
 その状況下、試験勉強の進行はどのような状態ですか。
 例えば、「計画通りに順調さ」ならばその調子で頑張りましょう。
 しかし、「誘いや付き合いで勉強が遅れ気味」ならどうにかすべきでは。
 
 試験の日程は、受験生の状況と無関係に刻一刻と今この瞬間も近づいています。
 また、各種の資格試験で合格を目指すには一定以上の勉強時間が必要でした。
 勉強を始めていなかったり勉強を遅らせたりしたら、それだけ合格を望めない。
 
 勿論、試験勉強を始めたりそれを復調させたりすることは代償を求めます。
 例えば、「誘いや付き合いを断ってでも勉強をするぞ」と言う様に。
 ですから、代償をまかなえる確固たる何かが不可欠でしょう。
 
 今回は試験勉強を支える何かについてご一緒に考えてみましょう。
 それが鮮明になれば、勉強を始められたり復調したりできますからね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【試験勉強を始めさせ続けさせてくれる目的とは何か】
------------------------------------------------------------------------
 
 忘年会を断ってでも試験勉強をする。
 パーティーの誘いをスルーして参考書を読破する。
 あるいは、サービス残業を早めに切り上げて勉強時間を確保する。
 例えば、社労士や一級建築士に合格する勉強時間は最低800時間ですから。
 
 師も走ると書く忙しいこの時期、
 時節に流されていると勉強時間をつい失いますから、
 難関の資格試験で合格を目指すにはそうした工夫や努力がいる。
 
 もちろん、そうした工夫や努力ができる人とできない人には違いがあります。
 その違いの集積が、合格と不合格という大きな違いとなるのは言うまでもない。
 では、前述の工夫や努力ができる人とできない人との違いは何でしょうか。
 
 
 
 例えば、「根性や気合いの入れ方ジャね」でしょうか。
 確かに、それらが工夫や努力を誘発することはスポーツでご経験済みでしょう。
 とは言え、根性や気合いが入るには、それなりの訳があることもご存じのはず。
 部活やサークル活動ならば、試合相手に勝ちたいのがその訳の1つでしょう。
 仮にそうならば、試験勉強に根性や気合いを入れさせるのは何でしょうか。
 
 例えば、その答えは次の様なことかも知れません。
 「資格が取れると月給で資格手当が増えるから」
 「合格できると職場であの子に注目されそうだから」
 つまり、自分の外にある何かが起因になっている訳です。
 換言すると、根性や気合いが外発的な何かに誘発されている。
 
 その一方、外発的な何かは移ろい易いのが実情です。
 手当、つまり金銭を得る方法は資格取得以外にもあります。
 彼女の注目は、他の事にも注がれて、やがて冷めるのが必然。
 
 ですから、外発的な何かは試験勉強を支える何かになりにくい。
 試験勉強の負担を支えるほど確固たる強度を有しないのですから。
 
 では、その困難な試験勉強を長期にわたって支えるのは何でしょうか。
 
 
 
 それが、外部条件とは無関係に試験勉強を支える内発的な何かです。
 すなわち、あなたがそもそも試験勉強を始めた目的です。
 但し、目的には2つのものが想定できます。
 
 その1つが外発的な何かにも関係する目先の目的です。
 それは、前述の様な収入増額や職場での注目です。
 あるいは、ライバルの鼻を明かすなどです。
 
 言わば、それらは小さな目的です
 もちろん、それらはある程度に根性や気合いを出させます。
 しかし、長期にわたる動機付けになる為には底が浅いのです。
 
 それらの目的を果たす方法は試験勉強でなくても前述の通り。
 一方、そのためにやり続けられるほど試験勉強は決して簡単じゃない。
 例えば、試験勉強に800時間を使うのは、実際に大きな投資です。
 平均的な会社員の年収からして、160万円と換算できます。
 心身や人間関係への負荷も考えれば実に大きな投資です。
 
 
 
 ですから、そうした投資に見合うだけの目的が必要です。
 それが小さな目的とは明確に異なる大きな目的です。
 言わば試験勉強にかけるあなたの人生の目的です。
 
 それは投資、何らかの出費をしてでも果たしたい目的。
 その目的は、最も内発的なもののはずです。
 外部に左右されずに何としても果たしたいこと。
 
 それは次の様な問いを通して見えてくる答えなのです。
 「合格を通して果たしたい数年から数十年先の目的は何か」
 「合格を通過点として数十年先に到達した人生の目的地はどこか」
 「満足な未来から振り返ってみて合格がもたらした最も貴重なものは何か」
 
 その答えは考えるだけよりも書き出してみるとより明確にできます。
 もちろん、書き出し方はマインドマップでなくても大丈夫です。
 師走の試験勉強に根性や気合いを入れるのにも役立ちます。
 開始のスイッチを入れるのにももちろん効果的ですよ。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 この時期、一雨毎に冬の色合いが深まる。
 それもそのはず、時は既に師走ですからね。
 
 その一方、今年中に終わらせたい事が沢山あります。
 そして、来年早々に結果を出したい事も加えてあります。
 
 例えば、叔母さんからの依頼を完了することや、
 来月下旬の資格試験に合格する事です。
 今、受験勉強をしていますよ。
 
 
 ですから、年末らしく大忙しです。
 
 その一方で、義理や人情を欠かす訳にはいかない。
 年賀状の作成があるわ、忘年会のお誘いがあるわで大変。
 
 そんな忙しさも年末の楽しさの1つと見直す。
 そう考えるとそれらをやりこなす知恵も湧きます。
 降ってきたアイディアを頼りに年の瀬まで頑張りますよ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━