つい忘れがちなやればできる勉強の遅れの解消策とは

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 本日、当地も真冬の冷え込み。
 昼過ぎの気温は10度を下回りました。
 日が傾くにつれてもっと寒くなりました。
 
 それも当然でしょうか。
 思えば、時は既に年末の様相。
 歳末商戦やクリスマスの話題で情報番組は大賑わい。
 夕暮れ時ともなると、煌びやかな飾り付けが目に映る頃でしたね。
 
 
 一方、試験勉強の進捗はいかがでしょうか。
 
 なるほど、「計画通りに進んでるよ」ならば大いに結構。
 しかし、「色んな誘いを断りきれなくて遅れ気味」ならばもう大変。
 
 1日の遅れは少しでも、それは塵も積もれば山となる。
 1週間の遅れともなると、挽回するのは決して容易ではない。
 
 誰でもが試験勉強だけをしているのではない。
 仕事や私事でやるべきは常に山積していますからね。
 ですから、勉強の遅れは少ない内に解消するのが得策。
 
 では、勉強の遅れを挽回するにはどうしたらできるのでしょうか。
 今回は、つい忘れがちなやればできるその方法を考えてみましょう。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【つい忘れがちなやればできる勉強の遅れの解消策とは】
------------------------------------------------------------------------
 
 勉強の遅れを解消したい。
 その思いは受験生の多数に通じることでしょう。
 
 一方、仕事にもプライベートにもやるべきが山盛り。
 この時期でなくても、誰でもが猫の手も借りたい状況。
 
 ですから、先の思いは耐えることがない。
 勉強の遅れ解消はどうしたらできるのでしょうか。
 
 
 
 確かに、「根性と気合いで何とかする」とは頻繁に耳にする答えです。
 それらを頼りに大切な睡眠時間を削ってでも試験勉強に打ち込む。
 
 そうすることは短期間ならば使える方法の1つでしょう。
 学生時代の一夜漬けが功を奏したこともありましたからね。
 
 しかし、根性や気合いに頼ることは要注意です。
 精神論に頼って無理を重ねると大方は何かが破綻します。
 
 例えば、溜まった疲れが仕事の大きなミスを誘発してしまう。
 悪くすると、健康を損ねて倒れてしまい入院騒ぎになってしまう。
 あるいは、積み重なった無理が集中力を削いで学習効率を大きく下げる。
 
 それらからして、根性や気合いという精神論に頼る事は要注意。
 
 
 
 やれやれ、どうしたら遅れ解消ができるのでしょうか。
 
 勉強の遅れが発生する原因の最右翼は勉強時間が足りないこと。
 だから、精神論を頼りに睡眠時間を削って勉強時間を確保したくなる。
 
 とは言え、前述のように精神論的な解消法は本当に要注意。
 ですから、勉強時間を手に入れる方法も他の方法を模索すべきです。
 
 例えば、溜まりに溜まっている有給休暇を勉強時間に充てる。
 あるいは、誰かにやってもらって洗濯や掃除の手間を以下同文。
 
 「それができるのならば、苦労はしないよ」と即座の反論があるでしょう。
 職場はいつも忙しいし、知人や友人も時間はカツカツで頼りにできない。
 
 
 
 が、しかし、チョット待って下さい。
 それって本当にできないのでしょうか。
 
 「もしできるとしたら、何がどうできるのでしょうか」
 「できそうなことで、まだやっていないことは何でしょうか」
 
 以上のような可能性を広げてみる自問から浮かんでくる答えは何でしょうか。
 例えば、「課長に有給休暇を取れないか話しをしよう」かも知れません。
 「週末、彼・彼女に料理や洗濯をやってもらおうかな」でしょうか。
 
 もちろん、答えは1つの可能性ですから、やってみなければ分かりません。
 ダメ元で相談してみると、意外な展開が開けてくるものです。
 
 
 
 例えば、その展開はこうかも知れません。
 「有給休暇を溜められるのは、立場的に困るから直ぐに申請しろよ」
 「あなたが頑張っているのは知ってるから、週末の家事はまかせてね」
 
 無論、そんなに上手くことが進まない場合もあるでしょう。
 しかし、思いついた可能性に挑んでみると新たな展開が開けます。
 
 「有給休暇は無理だが、暫く残業しないで早く帰って勉強しろよ」
 「手伝えないけど、お得な家事代行サービスを教えてあげるね」
 
 そのように周りに相談してみると新たな展開が開けます。
 勉強の遅れの解消策も誰かに相談してみると意外なほどみつかりますよ。
 誰かの一人として資格試験NLPコーチの筆者もお忘れなく。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 この時期、使い始めるのが足温器。
 ヒーター入りの腰から下をすっぽり覆えるものです。
 椅子に座りながら暖を取れますから、書き物をするにも便利です。
 
 
 エアコンの暖房は部屋全体が暖まりますが、
 空気は乾燥するし体全体が暖まってボーッとしてしまう。
 
 コタツは下半身だけ暖まって良いのですが、
 動きが取りにくくウッカリすると眠り込んでしまう。
 
 
 エアコンやコタツの不都合を解消するのが先の足温器なのです。
 年末の寒さが、足温器を今日から使い始めさせました。
 
 もちろん、ここまで足温器に助けられて書きました。
 頭寒足熱で頭も良い具合で回転していますよ。
 試験勉強にもお勧めできるグッズです。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━