勉強時間の質と量とが確保できる断○の方法

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 何と、時は既に3月。
 今週末、各地は春の陽気との天気予報。
 梅の話題や桜の開花予想が報道される頃ですね。
 
 同時に、時は年度末。
 仕事はアレコレと忙しい。
 
 フゥ・・・。
 
 
 先の状況下、
 試験勉強の調子はいかがでしょうか。
 
 なるほど、「計画通りでバッチリ」ならその調子で頑張って下さいね。
 しかし、「勉強時間が取れなくてダメ」なら何か策を採るべきでしょう。
 
 勉強時間さえ確保できれば、不得意科目の克服も可能です。
 各受験科目で合格基準の得点を満たせて合格を目指す事が叶います。
 無論、総合点の上昇も見込めますので、合格を確実にすることもできる。
 
 それからすると、勉強時間の確保は喫緊の課題。
 その課題解決の一策として、通勤時間の活用も以前にご案内しました。
 
 ところが、その活用をしても試験勉強が不調の人達が散見されます。
 その方々に不調の原因をお尋ねすると、共通のことが見えます。
 
 それが、あれなのです。
 今回は、あれを断つ方法をご案内しますね。
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【勉強時間の質と量とが確保できる断○の方法】
------------------------------------------------------------------------
 
 「通勤時間も頑張っているのに試験勉強が不調・・・」
 
 「机に向かって勉強し始めると何時も居眠りをしてしまう・・・」
 「会社が休みの時に時間を無駄にしてしまい試験勉強できない・・・」
 
 その様な悩みをお持ちの受験生にはある共通点が見られます。
 それが、その受験生は○○を愛することなのです。
 
 忘年会やお花見会で飲む。
 会社帰りで居酒屋に立ち寄って飲む。
 自宅でなら、食事や勉強の前、風呂上がりに飲む。
 
 飲むために生きているのか。
 生きるために飲んでいるのか。
 
 何れにしても生活の一部がお酒。
 確かに、お酒は適量ならば生活に潤いをもたらす場合もある。
 
 
 
 しかし、お酒にはご用心。
 その訳は以前にもご紹介したこの名言。
 
 「酒は飲んでいる時には飲み足りず、
 飲み終わった時には飲み過ぎている」@小田嶋隆先生
 
 つまり、適用と思えるお酒は、決して適量にはなり得ない。
 お酒は口にした途端に、あなたが飲むのではなくて、
 酒があなたに酒を飲ませるようになるのが実態。
 
 事実、お酒つまりアルコールは思考の質を落とす。
 ズバリ、脳神経の活動を阻害して脳力の低下ももたらす。
 理解や判断の力は鈍り、悪くすると言語機能も怪しくなる。
 極端な場合、度が過ぎた飲酒は記憶喪失すらもたらす。
 
 であるからして、仕事や世間の憂さを忘れるとも思える。
 実のところ、そう思えるのは全くの誤解なのですが。
 
 が、しかし、それだからこそ思考に基礎づく試験勉強も確実に阻害する。
 例えば、昨夜、覚えたはずであった過去問の解き方を想起できない。
 反復して覚えたはずの専門用語の意味を素直に忘却してしまう。
 
 よって、お酒にはご用心。
 
 
 
 もちろん、「お酒はコントロールできるから大丈夫」とお考えのはず。
 
 不合格を続けていた頃の筆者も同様に考えていたので気持ちは良く分かります。
 「チョット飲むだけなら調子があがって勉強が捗る」と思うのが常でした。
 
 しかし、その結果は、勉強を始めて数分もしないうちに居眠りをする。
 そうならないにしても、勉強した内容を翌日には忘れている。
 受験参考書の同じ箇所を繰り返し読んでも理解できない。
 
 あるいは、チョットのつもりが飲み過ぎて朝まで酔いが残っている。
 朝の通勤時間に勉強できるはずが、残った酔いの眠さや怠さで勉強にならない。
 せっかくの休日、朝から勉強できるはずなのに、昼過ぎまで寝過ごしてしまう。
 
 確かに、「オレ、アタシには関係ないから」とお考えでしょう。
 仮にそうならば、この先は飛ばして編集後記でもご笑覧下さいね。
 
 しかし、酒癖の悪さは無関係と否定するのは、お酒を愛好する人の特徴。
 そうでなくても、お酒でお悩みの受験生が一定数として存在します。
 お酒のお悩みは講座やコーチングで折に触れて拝聴してきました。
 
 先のようにして、お酒は試験勉強の質も量も低下させますからね。
 何れにしても、合格するまでお酒は止めるに越したことはないのです。
 受験勉強はお酒を飲んだら駄目なのでしたから。
 
 
 なるほど、「お酒を止めるにはどうしたらできるの」とは良いご質問です。
 
 ところが、
 お酒を止めようとする時、
 お酒を飲まなくても駄目な状況が訪れるはずです。
 
 例えば、お酒を飲まなかったら、仕事の憂さやストレスが晴れそうにない。
 それを晴らす必要がなくても、何だが物足りなかったり物寂しかったりする。
 結局、お酒を飲んでいない自分は何だか憂鬱な感じになって駄目。
 だから、お酒を飲まなくても駄目と思えて仕方がない。
 
 その一方、「お酒を飲まなくても」と考えた途端に相反する欲求が起動します。
 「飲まなく」とは「飲む」の否定ですから、当然、飲むことを想起させます。
 「ピンクの象を想像するな」と言われると想像するのと同様です。
 つまり、お酒を飲むことを知らぬ間に想像してしまう。
 すごく飲みたくなるのは当たり前のこと。
 
 飲まないことを考えることが飲むことを考えさせ、
 飲むことを考えたことが強く飲まないことを考えさせる。
 強く飲まないことと考えることが、以下同文で堂々巡りです。
 
 
 
 実は、前述のことが次の堂々巡りの中に潜んでいました。
 「お酒を飲んだら駄目、お酒を飲まなくても駄目」を強化します。
 すなわち、お酒を飲むことと、飲まないことのの板挟み、
 どちらにしても駄目だとなるダブル・バインドをタイトにする。
 
 だから、そうなるダブル・バインドにハマる手前で手を講じるのが得策。
 お酒を見れば飲みたくなりますし、それについて聞いても飲みたくるのが事実。
 その事実からして、お酒に関して見聞きしない状況を作るのが解決策です。
 
 例えば、自宅にお酒があるならば、一切合切のお酒を捨てる。
 合格のお祝いにと取って置いているお酒も処分する。
 捨てるのがもったいないなら、誰かにあげる。
 
 加えて、お酒の情報やCMを見せるテレビやラジオは見聞きしない。
 もちろん、スマホでお酒の情報を知らせるサイトにはアクセスしない。
 飲み会の誘いはスルーして、コンビニのお酒コーナーにも立ち入らない。
 帰路の途中にある居酒屋は帰り道を変えてやり過ごす。
 
 そうしても、お酒を飲みたくなったらどうするのか。
 お酒のことを考える暇がないように、できるだけ多くの感覚を使って勉強する。
 音読をしたり、覚えたい事を声に出しながら紙に書きつけたりして勉強する。
 
 そうすれば、お酒のことを考える暇がない。
 お酒のダブル・バインドから離れられる。
 受験勉強を加速する断酒ができます。
 
 もちろん、勉強を邪魔するテレビやゲームにも同様の方法は使えます。
 合格するまでそれらを押し入れの奥に梱包して片付けるのです。
 要するに簡単には引っ張り出して使えない様にする訳です。
 半年や一年、そうしても決して死ぬことはない。
 試験勉強の遅れも挽回、加速できますから。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 久しぶりに英語の原書を読み始めました。
 
 面倒くさいことですが、やり始めると熱中します。
 複文が入り組んだ長い文章も考えると読めるのが面白い。
 
 その面白さは、例えば詰め将棋の面白さに底通します。
 いくつかの定石を使うと詰めができることに似ています。
 頭をフル回転させますから、実に良い頭の体操にもなります。
 
 
 「何でまた英語の原書を読み始めたの」ですか。
 はい、実に良いご質問なので、お答えしましょう。
 
 実は、また断酒を始めたので、英語の原書を読み始めました。
 英文読解をするには、英文を目に写し解読した意味を書き取る。
 意味不明な単語は、指先で辞書をめくって、その意味を書き写す。
 
 多くの感覚を使うことが、お酒を考える暇を与えない。
 すなわち、断酒を助けるからです。
 
 
 「で、断酒を始める切っ掛けって何よ」もまた良いご質問。
 
 実は、ミシマ社刊「上を向いてアルコール」小田嶋隆著を読了。
 すると、思い当たる所が多々あって、久しぶりに断酒を思いたちました。
 
 お酒でお悩みならば、一読の価値は十二分にあるのがご紹介の著。
 受験勉強を妨げる飲酒を止めるのにも多いに役立ちますよ。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━