受験リタイヤを事前に回避できる効果的なイメトレ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【概要のご案内】
------------------------------------------------------------------------

 こんにちは。
 資格試験NLPコーチの近藤です。
 
 今月も中旬。
 各地で梅雨が明けて夏本番。
 今日も各地で猛暑が予報されています。
 
 一方、
 猛暑の中で捜索や復旧が急がれるのが、
 今週初めに西日本豪雨で洪水や土砂災害に見舞われた各地。
 被災された皆様には、お見舞いを申し上げます。
 
 
 他方、
 今週末は司法試験予備試験が、
 来週末は木造建築士や一級建築士の学科試験が本番です。
 
 加えて、来月には社労士などの試験が本番を迎えます。
 それらの受験生には、今が本試験の直前期となりましたね。
 
 皆さん、あなたは、
 試験本番に向けての調子はいかがでしょうか。
 
 例えば、「不合格になりそうで、受験したくない」かも知れませんね。
 毎年、社労士の受験申込者のうち、約2割の方が受験をやめてきました。
 しかし、そう言う気持ちだからこそ、是非とも受験されるのがお勧めです。
 
 なぜ、そうなのか、
 受験したくなるにはどうすればできるのか、
 今回は2つのことについて、ご案内しましょう。
 
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【受験リタイヤを事前に回避できる効果的なイメトレ】
------------------------------------------------------------------------
 
 受験本番の直前期に良くある状況がこれ。
 その心境について講座やコーチングでしばしば拝聴してきました。
 
 「不合格になりそうで、受験したくない」
 「来週が本試験なのに、受験するのを止めたい」
 「試しに受験するのは無駄だから、受験をリタイヤしようかな」
 
 直前期に前述の様な受験に対するお悩みを数多くお伺いしてきました。
 僕も不合格を続けていた時期は同様のことを毎年のように感じていました。
 受験を止めてしまいたい気持ちは、昨日のことのように分かります。
 
 
 
 その一方、
 是非ともお勧めしたいことが、是非とも受験することです。
 
 大事なので、繰り返して強調しますね。
 受験を止めてしまいたいからこそ、是非とも受験することがお勧めです。
 
 第1に、受験を止めると、
 合格の可能性を捨ててしまいます。
 たとえ僅かでもその可能性を自ら否定することになり実にもったいない。
 
 対して、受験をすれば、
 出題傾向によっては合格できる場合もあるのです。
 これまでに行ってきた様々な努力が報われる可能性もあるのです。
 
 
 第2に、受験しないと、
 これまで投資したことが水泡に帰すのです。
 お金はもちろん、使ったら取り返せない時間をドブに捨てることになる。
 
 他方、受験すれば、
 これまで投資してきたことが利益に変わります。
 不運にも不合格になったとしても、受験の経験が様々な資質となり得ます。
 受験勉強の欠点や最新の出題傾向にも気付く事ができるのです。
 頑張り方次第では、合格することもできて確実に投資を回収できます。
 
 
 第3に、受験しないと、
 最大の学びの機会を自ら放棄することになります。
 本試験は、試験勉強の総括、自分の勉強について多角的な検証が可能です。
 それにもかかわらず、その可能性を自分から否定するのは大きな損失。
 
 逆に、受験すれば、
 自分の試験勉強について多彩な気づきを得られます。
 仮に不合格になったとしても、次の受験に貴重なリソースが得られます。
 もちろん、合格することもあり得て、そうなれば大いなる自信も得られます。
 
 
 以上、少なくとも3つの理由から、
 迷っているからこそ、強く受験をお勧めするのです。
 
 早い話が、「受験をすれば、あなたも決して損はしない」のです。
 とは言え、事前にどうするかを選択しておくことに越したことはない。
 
 選んでおかないと、受験当日に仮病を発症する場合もあるのです。
 私たちの無意識は、強大な力を有しているからです。
 
 逆に事前に選択しておけば、
 その無意識がその選択に強く支援をしてくれますよ。
 
 
 
 では、受験したくなるには、どうすればできるのか。
 その答えとなるのが、これからご案内するイメトレです。
 
 イメトレは前回もご案内したように、実践すれば実に効果的です。
 僅か数分を使うだけで、受験に向けて自分を強く押し進められます。
 
 では、その為のイメトレの概要を以下にご案内しましょう。
 
 
 1.3畳ほどの広さがある場所を確保
 2.その場に立って、2つに未来を想定
 3.想像の中でそれぞれの未来を体験
 4.それぞれの体験を元に受験について選択
 5.受験当日について自己を確認
 
 
 では、段階別に詳しく説明します。
 
 1.
 今、立っているところから、
 左斜め前に数歩、右斜め前に数歩、
 そのように場所を移動できるように三畳ほどの場所を取ります。
 もちろん、そうする数分間は、何かの邪魔が入らないようにします。
 
 2.
 今、立っているところから、
 2つの方向にそれぞれの未来を想定します。
 左斜め前に数歩で進んだところには受験を辞退した未来を、
 右斜め前に数歩で進んだところには受験を果たした未来を、
 それぞれの場所にそれぞれの未来があると思い描きます。
 
 3.
 今、現在を表す立っているところから、
 左斜め前に数歩で進んで受験を辞退した未来に入ります。
 そこで、何を見て、聞いて、感じるか、想像の中で体験します。
 それが終わったら、その未来から現在に戻る為に、
 最初立っていた現在の位置に戻ります。
 
 次に、現在を表す立っているところから、
 右斜め前に数歩で進んで受験を果たした未来に入ります。
 そこで、何を見て、聞いて、感じるか、想像の中で体験します。
 それが終わったら、その未来から現在に戻る為に、
 最初立っていた現在の位置に戻ります。
 
 4.
 それぞれの未来で体験したことを思い出します。
 それぞれで見たり聞いたり感じたりしたことは何がどうだったか。
 その体験を元に、どちらの未来がより自分に好ましいかを選びます。
 
 5.
 受験当日について、自分が選んだ未来を確認します。
 受験当日を考えると、自分が選んだ未来はどうでしょうか。
 仮に、否定的な感じがするならば、3.と4.とをやり直します。
 
 
 
 以上が、受験に関する未来を選択するイメトレでした。
 
 もちろん、受験を辞退する未来を選択する場合もあるでしょう。
 想像とは言え、体験に基づく正直な選択であれば、それはそれです。
 
 むしろ、このイメトレを行った多くの人は、受験することを選びました。
 そうする想像の未来で、見て、聞いて、感じたことが受験を勧めるのですから。
 
 もちろん、どちらの未来を選択するかはあなた次第です。
 実際に先のイメトレをやってみると良く分かりますよ。
 
 
 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【編集後記】
------------------------------------------------------------------------
 
 過去を振り返る。
 遠い未来を思い描く。
 
 まるで、過去が自分の後方にあるようです。
 逆に、未来が自分の遙か前方にあるかのようです。
 人は自分を現在にして前後に未来や過去を想定してもいます。
 
 その様に私たちはその想像、つまり時間軸を心の中に有します。
 それが、言葉として前述の様に表現されるのです。
 
 
 ですから、未来もそれぞれに思い描くことができます。
 今回のように、例えば、否定的な未来を左斜めの数歩先に、
 肯定的な未来を右斜めの数歩先にイメージすることもができます。
 
 そうすることは、
 ほんの数分と3畳ほどの広さがあればできる事。
 ですが、実際にやってみるとカラフルな気づきを得られます。
 
 何かをやらずに後悔先に立たずとなる未来を替えられます。
 何かをやって更なる未来が先に立つ好ましい未来を事前に選択できるのです。
 
 
 そう言えば、
 直近1年分の発行した本誌をホームページで公開しました。
 
 過去の記事を読み損ねていた方も下記のURLをお当たり下さいね。
 無論、試験勉強法に興味がある友人や知人にもご紹介くださって結構です。
 
 http://shikakushiken-nlp.com/mailmag/index.html
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

☆近藤哲生の資格試験NLPコーチングはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html
☆近藤哲生のプロフィールはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/prof/profile.html
☆資格試験勉強法のブログはこちら
http://shikakushiken-nlp.com/mt/

------------------------------------------------------------------------

◇責任者:「マインドマップ資格試験勉強法」共著者の一人、近藤哲生
◇責任者メール :info@kondotetsuo.com
◇読者解除ページ:https://i-magazine.jp/bm/p/f/tf.php?id=jmm94371
◇発行人サイト :http://shikakushiken-nlp.com/index.html

※社内・取引先・ご友人などへの転送はご自由にどうぞ。
出所を明記して下さる方にはあらかじめ感謝を申し上げます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━