【メタ記憶、記憶の記憶を増やせば合格を目指せる】

| コメント(0) | トラックバック(0)

今月も数日で終わる。
二月は逃げると言うように脱兎の如しだ。

ひと月もするとお花見の時期と騒がれる。それはさておき、資格の試験勉強は楽しいだろうか。楽しくなくても、答練や模試の得点の得点からして、勉強の調子はどうだろうか。


なるほど、答練や模試の得点が右肩上がりなら、勉強が楽しいかも知れないし、好調と言える。そうならば、本試験での合格点も右肩上がりの得点の延長線として予想できて、勉強の意欲も維持しやすいはだ。

しかし、それらの得点が経済的な不安から乱高下する株価のようなら要注意だ。無論、勉強は苦痛であり、本試験で合格点を取れるかどうかがに不安を覚えるはずだ。

仮にそうならば、合格を確信できないし、勉強の意欲も答練や模試の得点に似て乱高下して、合格を目指せる自信に基礎づいて試験勉強を続けることが困難にもなってくる。


そうなってしまう根本的な原因は、言うまでもなく過去問の解き方を確実に覚えない勉強だ。一見すると知識や技能の多寡によるとも言えなくは無いが、要するに問題の解き方についての記憶を管理できていない状況だ。

もちろん、知識や技能の記憶は、その研究が明かすところによれば、無意識に属する。すなわち、自分がその記憶を確かにしているかに自信を持ちにくいのだ。だが、それらの記憶に関して自信を持てたらどうだろうか。問題の解き方を知らないようでも実際は解ける状態になれたらどうか想像して欲しい。

当然、そうなれることが答練や模試の得点を右肩上がりにするし、本試験に対する自信ももたらす。合格を目指せる自信を覚えながら試験勉強を続けることを容易にする。では、過去問の解き方の記憶に自信を持つにはどうしたら良いのだろうか。


前回のブログで、こんなことをその中程に書き記した。

>試験勉強が好調な人は時にこう言います。
>「なぜか答練(模試)の問題が解けたんだよ」
>「どう解くのか分かっていないのに結果は正解なの」

それは、要するに知らないようでも知っている。解けない様でも実際は解けると言える不思議な状況だ。だが、しかし、試験勉強を助ける小人さんが上手くやってくれるとそうなれる。その為には、小人さんが働けるように食事や睡眠などに配慮するのだった。

無論、小人というのは隠喩であり、実際には記憶に深く関わる海馬の働きを意味した。海馬が十二分に記憶を司るには、6時間以上の睡眠を確保することが必須だったことを思い出しておきたい。


加えて、試験勉強を好調にするのに大切な事がメタ記憶、記憶の記憶を持つことだ。メタ記憶は次の様な状態に立脚する。

「この種の問題は、解き方を知らないようでも実際は解ける」
「どう解くのか分かっていないようでも、確実に正解できるはずだ」

メタ記憶は、記憶の内容そのものの記憶ではなくて、意味や方法などの意識できない記憶を想起した結果がどうだったかの記憶である。すなわち、記憶を管理する記憶とも言える。言わば、箱の中身が何かを覚えているのではなくて、何かの中身を知らぬ間に使った結果に関する記憶だ。

喩えはともかく、メタ記憶が確かならば、勉強に自信が持てる。先の様なメタ記憶があれば、本試験も自信をもって臨めて合格を目指す事が叶うだろう。では、どうしたらメタ記憶を持つことができるだろうか。


その方法がリピート勉強法だった。過去問の解き方を忘れそうな頃に、それを思い出す勉強法だった。ある問題を解いてから1日や一週間後などにまた同じ問題を解く。すると、解き方を覚えていないようでも解けたり、覚えているようでも解けなかったりする。そこで、メタ記憶が確かになる。当然、解けないときは、解き方を確かにする知識や技能を補填しておく。

そうして、二週間や1ヶ月後にまた同じ過去問を解く。覚えたはずの記憶を時間という試練で鍛える。結果、解けない時は、以下同文。


そうした繰り返しを通して、結果的には問題が解けると言うメタ記憶を増やす。時を経て行った反復解答を正解したと言う事実は、時間がたっても正解に至る導き方を覚えていたと言える記憶を強める。問題の解き方を記憶していないようでも解けたと言う記憶、記憶の記憶としてのメタ記憶を増やすのだ。

うん、分かりにくい話で済まない。試験、つまり過去問で問われる記憶は、意味や方法などの記憶で、設問で問われるなど何か切っ掛けがあって始めて想起される、すなわち意識的に自由に想起できない心理作用だ。

であるからして、解答者として繰り返し過去問集に問いかけられて、解き方を覚えているかどうかそれまでは分からなかったが、結果的に解けたと言う意識できない記憶が確かな記憶だったという記憶、メタ記憶を増やすのだ。

例えば、過去5年分の過去問を先のように繰り返し解く。その過去問全体にわたって、繰り返し解く度に、解き方を即座に想起できなくても、解ける問題数が増えるように勉強をすすめる。

すると、解き方そのものを今この場でにわかには思い出せなくても大丈夫だ。実際には解けた記憶、つまりあらゆる過去問は解けるという自信が増えていれば良い。プラスのメタ記憶を増やせているからだ。

但し、メタ記憶の状況には注意したい。例えば、解き方を知っているようでも実際に解けないのは悲しい。マイナスのメタ記憶、言えば自信をなくす自己不信を増やすようでは合格を目指せないのだから。


記事に関するご質問やお問い合わせは下記をお当たり下さい。
http://shikakushiken-nlp.com/prof/inquiryform.html

試験勉強法コーチングにつての詳細は下記をお当たり下さい。
合格を目指せる勉強の仕方も下記のコーチングで身につけられます。
http://shikakushiken-nlp.com/coaching/shikakushiken_nlp_coach.html


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shikakushiken-nlp.com/mt/mt-tb.cgi/28

コメントする

このブログ記事について

このページは、資格試験NLPブログが2016年2月25日 14:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「【覚えていないのに覚えていたとなれる方法】」です。

次のブログ記事は「【貴重な時間を有効に使える試験勉強法とは】」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261